武藤昭平withウエノコウジ

2009年より勝手にしやがれのリーダーであり、ヴォーカル・ドラム担当の武藤昭平ソロ活動の一環として始動したアコースティック・ユニット「武藤昭平withウエノコウジ」。
全国の酒場、クラブ、ライヴハウスからロック・フェスに至るまで、まるで”流し”や”マリアッチ”の如く神出鬼没に活動。
各地のロックフェスで聴衆を興奮の坩堝に陥れた巷で噂のユニット。
ドラムスティックの代わりにガット・ギターを手に歌い奏でる現代のトロヴァドール (吟遊詩人)武藤昭平。
その異国情緒あふれる唯一無二の音世界と、盟友・ウエノコウジのアコースティック・ベースが奏でる強烈なロック・スピリットとの運命的な邂逅。
二人ゆえに伝わる情感とペーソス、二人とは思えぬ迫力とグルーヴ。
ライブを“呑み会”と称し、精力的に全国での酒場ライブを展開中。

WEB