(sic)boy

オルタナティブ、エモ、ラウドロックの要素や J-ロックにみられるメロディアスなフローをヒップホップに落とし込んだスタイルで稀有な存在感を放つ(sic)boy(読み:シックボーイ)
2019年にSoundCloud上に公開された楽曲の強度の高さが話題を呼び、2020年には各種音楽サイトにて1stEPと1stアルバムをリリース。
東京の街のカオスさをテーマに、独自のミクスチャー感覚で表現された“ジャンル東京”と称される作品はSpotify「RADAR:Early Noise 2021」への選出やジャニーズKis-My-Ft2への楽曲提供も行うなどアンダーグラウンドからオーバーグラウンドまでマルチに活躍している。